お葬式のことなら葬儀パーク

高品質で低価格な家族葬儀から大規模葬までサポートします

最近多くなっている家族葬とは

首都圏で広がる家族葬儀という葬儀形式

あなたは家族葬をご存知ですか。
最近よく駅やバスで広告を目にしますね。
どのようなスタイルの葬儀なのでしょうか。
まずは首都圏で広がっている家族葬儀についてご説明をしたいと思います。

家族葬儀は核家族だけで準備が出来るのがメリット

家族葬とは、その名の通り、家族だけで行われる葬儀のことです。
以前のような大規模なホールを借りる必要もありませんし、弔問客への気配りもしなくて良いので最近は人気があります。
長男といっても地元にいるとは限らないので、葬儀の準備だけでも大変です。
以前は親戚などのフォローもありましたが、親戚関係も希薄になっている現代では、助けてもらうのも大変です。
葬儀はやはりこじんまりと家族だけで執り行うのが気兼ねがなく人気があるようです。

費用面でもコンパクトで負担が少ない

家族葬の良いところは家族でゆったりと故人との別れを惜しむ時間が持てるということでしょう。
人数も少ないので家族葬費用もかからず、故人の希望の葬儀を執り行うことが可能です。
また場所も大きい会場を借りる必要がないため、費用が安く済むといったメリットもありますね。

家族葬儀に参列する側で気をつけるべき点

もし、あなたがこういったスタイルの葬儀に出席することがあったなら、気をつけるべき点がいくつかあります。
本当に親しく、遺族からよばれない限りは出席すべきではありません。
また、よばれて出席する場合も、よかれと思って誰かを連れて行くとか、誰かに告知してあげるという必要もありません。
こういった葬儀では主役は遺族になりますので、あなたはそっと出席して、そっと帰るのがベストなのです。

遺族の負担にならないように気を配りましょう

小さな葬儀ですので、時間には遅れないように行きましょう。
ましてご遺族に故人の死因を聞くのはもってのほかですので気をつけましょう。
このような葬儀に参列する場合でも香典は必要です。
地味な格好で弔問をし、不手際を感じてもご遺族をサポートする気持ちで過ごすようにしましょう。

お葬式のことなら葬儀パーク新着記事一覧