お葬式のことなら葬儀パーク

高品質で低価格な家族葬儀から大規模葬までサポートします

葬儀に出席するときの基本的な服装とメイク

知っておくべき基本の服装と持ち物

葬儀というものの常として、急に出席しなければいけないものというものがあります。
慌てていると、正しい服装や持ち物についてよくわからないまま出かけてしまうことがあります。
こうなると、大恥をかくことになりかねません。
そこでここでは、服装と持ち物についての注意点をお教えします。

黒ずくめではかえって失礼に当たる男性のスーツ

まず、男性の服装で気をつけることは、黒のスーツと黒ネクタイをあわせてはいけません。
ブラックスーツを着るのは、前々から準備していたようで不躾にあたるからです。
日本では黒のスーツが準礼装とされるルールもありますが、本来の色の意味から考えると紺のスーツの方がベターです。
このため、葬儀社の制服も濃紺のスーツが多いようです。
シャツは、白の無地もものを選び、 ネクタイは濃紺がベストです。

女性は派手すぎないように自然なメイクを心がけて

女性の服装は、スーツの場合、インナーのシャツやブラウスも黒にしましょう。
スーツのときと同じような白のシャツはできるだ避け、黒のカットソーなどを着るといいです。
また、メイクは派手にせず自然な感じで、マニュキュアも目立たない程度なら大丈夫です。

数珠や袱紗を準備しておけば完璧です

葬儀において忘れてはいけないのが、袱紗です。
お祝いごとやお悔やみごとの際に持参する金封は、袱紗に包んで持参するのが礼儀だからです。
「お祝い金を汚さないように」と相手を思いやる気持ちの表現としての意味合いもあります。
弔辞用は紫・グレーなどの色ですので用意しておきましょう。
また袱紗がない場合は、小さなふろしきやハンカチで代用してもいいです。
要は、「大事なお金を汚さないように」という心遣いが大切です。
それと数珠も葬式には欠かせません。
念珠とも言われ、仏・菩薩さまやご先祖さまを拝む時などに回数を記憶する為のものです。
数珠は、持っているだけで魔除けや厄除けとなり、また福を授かるとも言われています。参考にしてください。

お葬式の基礎知識記事一覧