お葬式のことなら葬儀パーク

高品質で低価格な家族葬儀から大規模葬までサポートします

直葬、家族葬、自由葬を選ぶメリット・デメリット

密葬とは異なる家族葬儀というスタイル

家族葬とは、近親者のみで執り行われる葬儀のことで、密葬と呼ばれることもあります。
しかし正確には、密葬の場合はほとんど親族だけでお別れをして火葬というパターンが多く(それ故に直葬ともいわれる)、後日、本葬式を行いますので、本葬式を執り行わない家族葬とは区別されています。

自由葬と家族葬の意味の違い

家族葬という呼び名は、1990年代に、マーケティング戦略として作った造語です。
当時は小さな家族中心の葬儀の意味でしたが、現在では、家族や家族のような付き合いのある人での葬儀と意味を広げて使われています。
その様式や宗派などは特に決まりがありませんので、通常の葬儀のように、各宗教・宗派の聖職者も加わっての葬儀になります。
ちなみに、宗教色がなく、故人の好みで行う形態を自由葬といいます。

なぜ家族葬が選ばれているのか?

家族葬が選ばれる理由には、参列者への対応や気遣いを少なくしたいことや葬儀の予算の都合、また、故人の遺言もしくは故人が高齢のため知人・友人が少ないなど様々です。
そこで、この形式で行うメリットは、やはり経済的なことが大きく、広い斎場の必要がなく、少人数であるために、予算が立てやすですし、追加料金も発生しにくいこと、また、料理や返礼品などのおもてなし費用が抑えられます。
そして、何より参列者への気配りが少なくて済みますので、心身の負担が軽減され、故人とのお別れに時間が掛けられます。

デメリットとメリットを把握した上で選びましょう

一方、デメリットは、世間体や習慣を大切にする親族から反対される可能性があり、しっかりと説明をして理解を得る必要がある場合があります。
また、葬儀後に、故人の死を一般の方々に報告するので、この形式で葬儀を行うことが故人の遺志であったとしても、「なぜ知らせてくれなかった」と言われる可能性もありますので、その場合には後日対応が必要になることもあります。

お葬式の基礎知識記事一覧